• ozaki toshiharu

就労プログラムのご紹介②

更新日:6月27日

仕事のお悩みを伺う中で、職場での人間関係について困りごとを抱えている方が実に多くいらっしゃいます。


それもそのはず、心理学では人間の悩みのおよそ9割は人間関係といわれており、特に職場での人間関係には気を使うため、体調を崩す原因になりやすいものです。


もちろん人に「気を使いすぎて疲れる」といったこともありますが、障がい特性によっては「他人の気持ちが分からない」「場の空気が読めない」といったことで、人間関係がこじれてしまう場合もあります。


そこで、本日は「人との関わり方のコツ」が学べるプログラムについて、ご紹介していきたいと思います。


◆ソーシャルスキルズ・トレーニング◆

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)とは、社会で人と人が関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につけるためのトレーニングです。例えば、社会で人と関わるときに必要な挨拶、人に何かをお願いしたり断ったりするなど、対人関係を中心とした社会生活技能を総合的に身につけることができます。他にも職場の対人技能に特化したJST(ジョブ・スキルズ・トレーニング)もあり、職場の上司や同僚とのコミュニケーションの仕方を学ぶことができます。


◆コミュニケーションワーク◆

対人関係で必要なスキルは多岐に渡るため、テーマを決めてワークに取り組むことで協調性や自発性を身につけていきます。

My Pieceおだわらでも多くのプログラムを提供していますが、その中でも雑談力や交渉力が身につけられるプログラムを紹介します。

少し変わったカードゲームを用いるもので、「いかに周りとバランスをとるか」「相手も自分もWIN・WINになるためにはどう交渉したらよいか」など、和やかな雰囲気の中で会話をしながら学んでいきます。他にも「相手が不快にならない伝え方」についても、楽しみながら身につけることができます。




今回は就労プログラムのご紹介第2弾ということで、今後もシリーズでご紹介していければと考えております。


My Pieceおだわらのご興味のある方、またはオフィスの雰囲気を見てみたい、実際に何をやっているか聞いてみたいなど、お気軽にご連絡ください。


~お互いの違いを認め合い、自分らしく活躍できる社会をつくる~

一般社団法人マイ・ピース

My Pieceおだわら

TEL:0465-20-4640

Mail:info@my-piece.net


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示