• ozaki toshiharu

就労プログラムのご紹介③

更新日:7月28日


6月も最後になりますが本当にうだるような暑さですね。



身体が暑さに慣れていないため、皆様も体調には十分注意してお過ごしください。



さて、今回は就労プログラムのご紹介第3弾となりますが、まずは体調管理の必要性について少し説明していきたいと思います。



体調を維持するためには様々な管理法や対処法がありますが、仕事をするにあたって最も基礎的なスキルであり、最も重要なスキルでもあります



なぜなら企業にとって、職員の欠員は仕事のスケジュールの変更を余儀なくされる、人がいなくなることで業務効率が低下する、他の職員への負担が増加するなど、マイナスの面が多いからです。



もちろん本人にとっても収入が減る、休みがちなことで人間関係が気まずくなるといったリスクもあります。



病気・障がいをお持ちの方が安定して働くためには、適正業務や合理的配慮の整理、無理のない働き方の検討、応募企業の選定・業務の切り出しなども重要ですが、短期離職をしてしまう方に多くみられる傾向として、



「体調が安定しない」


「自身の障がい(特性)の理解が不十分」


「相談するためのスキル(コミュニケーションスキル)が不足している」



などがあります。



体調が安定しない、または崩してしまう要因は様々ですが、安定して働き続けるためには自分自身をよく知るとともに、自分に合った対処法を幾つかもっておく必要があります。



My Pieceおだわらではセルフケアプログラムを設けており、その中で自分自身や様々な自己対処法などについて理解を深め、自分に合った体調管理法を見つけていきます。



▼セルフケアプログラムの一例


・ストレスマネジメント

・アンガーマネジメント

・アファメーション

・セルフコンパッション

・ストレスコーピング

・リフレクション       ・・など



次回のブログではプログラム内容についてもう少し触れていきたいと思いますが、もっと詳しく内容を知りたい、または事業所の雰囲気を見てみたいなど、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。



~お互いの違いを認め合い、自分らしく活躍できる社会をつくる~

一般社団法人マイ・ピース

My Pieceおだわら

TEL:0465-20-4640

Mail:info@my-piece.net




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示