top of page
  • 執筆者の写真ozaki toshiharu

親しい関係を築くためには



「共感性(empathy)」とは、他人の意見・感情・立場・気持ちに対して「そのとおりだ!」と感じ取るスキルのことです。



但し、ここで注目するべきは表面的ではなく、内側から理解することです。



そして、理解しても巻き込まれない点にあります。



共感に似た言葉に「同感」「同情」がありますが、共感的理解とは「共感的ではあるけれど、同情(同感)的ではない」という点が重要です。



同感は、相手の心情や感情に取り込まれて同じになることを意味します。



また、同情も他人の気持ちや苦しみを自分の事のように感じ取る意味です。



一方で共感は、確かに相手の気持ちを感じ取り内側から理解しますが、同じ気持ちになって巻き込まれることはありません



これは、自他境界(心の境界)が明確であるからであり、境界をはっきりすることで「他人と自分は違う存在である」と認識できてはじめて共感できます。



それゆえライフスキルの中でも重要なスキルであり、他人の感情を理解して、その立場に立って物事を見ること_。



そして、人それぞれの完成の違いを尊重して、他人を思いやる能力であると言えます。



共感性スキルが身についていれば、助けが必要な人が非難・排斥されている時に、思いやりのある行動がとれるようになります。



共感性は、たとえ親しい間柄でなくとも他人を理解し、受容することに役立つ重要なスキルであることを理解しておきましょう。



共感性スキルは自分を認識し、自分の短所を受け入れることもできることから、「人はそれぞれ」と本心から思えるようになります。



これによって他人の短所や長所が見えても当然だと思えるようになり、自分と異なる価値観や性格、願望なども共感できるようになります



そして、他人をケアしたり、他人に対して寛大になる、攻撃的な対人行動が減ったりもします。



今回のご紹介はここまでとなりますが、相手に共感していることを伝えることは、親密な関係を構築するための第一歩であり、相手に共感する・共感していることを伝えるためにはいくつかのポイントがあります。



My Pieceおだわらでは、様々なコミュニケーションプログラムを通じて共感性スキルを身につけることができ、同時にアサーティブコミュニケーションスキルを身につけることもできます。



このほかにもどのようなサポートが受けられるかもっと知りたい、またはオフィスの雰囲気を見てみたいなど、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。



~お互いの違いを認め合い、自分らしく活躍できる社会をつくる~

一般社団法人マイ・ピース

My Pieceおだわら

TEL:0465-20-4640

Mail:info@my-piece.net

HP:https://www.my-piece.net

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page